2012年12月25日

雪月夜。

 荀景倩と陳玄伯のなんでもないこねた。続きを読む
posted by みなと at 23:30| Comment(0) | くうのふたひ。こばなし

2012年12月18日

おさめるとかいってたのに

 結局、映画がまだ納まってません。

 えーと、今月すでに、エヴァンゲリオンと007とホビット見に行きました。どれもおもしろかった!まんぞく!大作ばっかりだ。
 エヴァンゲリオンはどれを言ってもねたばれ警報になっちゃいますね、でもこれだけは言わせて!ふねかっこいいー!いやあれふねか分からないけど。一緒に上映されていた巨神兵も、なんかぞくぞくしましたね。ああ…これから火の七日間が始まるんだ……。
 007は、仁義なきマザコン対決は偉大である、という感じ。やさぐれ冷酷な色彩が強いかなー、そういうの大好きです。ボンドカー、さすがに空は飛ばなかったけど……。<何設定だ。軍艦島がロケに使われていましたね。
 ホビットは、ドワーフがわらわらわらーっと荷物わさわさ抱えて走り回ってるのが、ものっすごくかわいい…かわいい…悶絶。壮大な舞台設定もとてもきれいです。指輪物語みたいに空からばあぁーっと眺め渡すあの感じはほんと素敵です。

 ほう。
posted by みなと at 20:58| Comment(0) | みるみる

2012年12月11日

今年のベストムービー。

 今年だけになりそうですが。何かびっくりするくらい映画館に通ってました……。個人的備忘録というか。とりあえず、今年見た映画をリストアップすると以下のようになります。

『リアル・スティール』
『三国志英傑伝 関羽』
『運命の子(原題:趙氏孤児)』
『エル・ブリの秘密 世界一予約の取れないレストラン』
『J・エドガー』
『サラの鍵』
『マシンガン・プリーチャー』
『ブリューゲルの動く城』
『日本列島 いきものたちの物語』
『シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』
『アーチ&シパック 世界ウンコ大戦争』
『汽車はふたたび故郷へ』
『バトルシップ』
『ニーチェの馬』
『テルマエ・ロマエ』
『裏切りのサーカス』
『王朝の陰謀』
『ロボット』
『るろうに剣心』
『デンジャラス・ラン』
『黄金を抱いて翔べ』

 なんか、半分くらいは去年見たと思ってました……。

 このなかで、ベストを選ぶとなると、やっぱり『ロボット』ですかね。うん、何と言うかぶっちぎり、かな。
 とにかくボリウッドすげえ。ってなりますね。インドまじすごい。どうやったらあの展開が思いつくのか……、どうしてああなった
 40分近いクライマックスといったら意味が分からないと思いますが、ほんとクライマックスがやばい。3時間くらいの長い映画ですが、違う意味で疲れ果てるので、見ようという方は体力気力を充実してからにされた方がいいと思います。

 えっとお話の筋は明快で、とある博士が自分そっくりのロボットを作ったら、そのロボットが博士の彼女に恋をして暴走する、っていう、すでに意味が分からない感じですが。たぶん、張茂先が映画作ったらこんな感じになると思う。(ひどい投げ方。)
 映画は娯楽だ、といえる作品だと思います。
posted by みなと at 21:58| Comment(0) | みるみる

2012年11月27日

東京国立博物館。

 でかいですね。まじでかいわー。
 行ったとき、中国王朝の至宝展と出雲展がやっていたのですが、ひと多そうだったので、通常展示のみ見てきました。中国王朝は記憶が正しければ関西に来るしね!見たら図録買っちゃうから、荷物になるしここはスルーだね!!
 でも140周年ということで、ものすごく展示が充実してるー。お天気が悪くて、庭園すら開放されず、そして東洋館はまだオープンしてないにもかかわらず、法隆寺館と本館で一日が終わるとはどういうことだ…。
 条件付ながら、スケッチが可能なのでちまちま展示物を描いてました。下手の横好きですが、たのしい。
 通常展示でも、国宝とかぽーんと置かれているのでわりと挙動不審でした。つーか速水御舟の「京の舞妓」の現物が見れただけで感動のあまり他の展示内容があたまから飛んだ。うわーすげえええホントに畳のイグサを一本一本描いてるよ!すさまじいまでの写実へのこだわりです。もうこれ一枚でもおなかいっぱいだよー。
 あと根付コレクションが素敵ですね。てのひらで転がせるくらいの大きさに、滑稽や洒落を凝縮させている感じでとてもかわいい。ほしいー。関雲長と魯子敬がセットになっている根付もありました。なぜこのふたり。写真撮ってもいいみたいでした。でも図録…買っちゃった…。<ばか。
 あんまりに根をつめて周っていたせいか、次の日、ダウンしました…。ほんとばかだー。
posted by みなと at 23:17| Comment(0) | みるみる

2012年11月26日

交地お疲れ様でしたー。

 今回はほんとギリギリ感満載でしたが、無事終わってほっとしております。みなさまお疲れ様でしたー、そして拙宅の本を手にとって下さった方、また、差し入れしてくださった方、本当にありがとうございました!頑張って本作ってきて良かった…!
 三国志末期アンソロジーのファーストが、かなり少なくなってきているので、今、通販は停止してイベントのみにしようか、いやいや、気長ーにやってきたしまだ緩くでいいんじゃね?という狭間で悩んでおります。嬉しい悲鳴と言うやつですね、こんなに末期に興味を持ってくださる方がいるなんて…!もっと広まるがいい!!セカンドはまだまだ余裕があるのでご安心ください。
 いろいろネタはあるのですが、とりあえず、今度からイベント後にお茶するときはアラームかけとくべきだと学びました……だいたい飛行機でいつも東の都に行くのですが、空港に飛び込むのが出発時刻の20分前とかまじ反省すべきです。保安検査締め切られるの15分前だからー!!混んでたらどうするのって言うー!!該当機が遅れていたお陰で助かりました……。
 次回の交地は来年の5月ですね。他にもジャンル掛け持ちしてるんですが、それと同日開催とか…どういうことなの…サークル参加はひとつ身でふたつとか無理ゲー過ぎるんですけど。優先順位的には交地なのですが、もうひとつのジャンルにダッシュで買い物行ってるかも…。<会場は同じ。それまでにいろいろしたいです…サイト更新とかサイト更新とk
posted by みなと at 22:24| Comment(0) | くうのふたひ。

2012年11月19日

交地。

 交地まで一週間切りましたね。

 ……。

 新刊…できれば姜伯約と張伯恭と夏侯仲権のぼんやりとした本を出したいのですが間に合うのか。かなり焦ってます。頑張ります……。

 あ、サークルナンバーは「お71」サークル名「空の二日」で出ています。
 たぶんひまこしてます。スケブ描けそうだったら描こうかな…と思っています。上手くないけど。
posted by みなと at 21:46| Comment(0) | くうのふたひ。

2012年07月19日

冷やし中華始めました。

 的な感じで。
 三国志末期アンソロジー2、やっと通販ページ開通しました!!

 ………数日前に。<撲殺。

 すいません、お知らせを忘れていました……。
 ということで!!今回も魏蜀呉晋、四国そろいぶみしてますー。ぜひー。
posted by みなと at 21:08| Comment(0) | くうのふたひ。

2012年05月28日

交地おつかれさまでした。

 無事!三国志末期アンソロジー2出ました!<スペース直送だったので会場着いて確認するまでがくぶるでした。
 このたびは、アンソロにご協力頂いた方々、手にとって下さった方々、差し入れまでして下さった方々、本当にありがとうございました!!

 今回はサークル入場が、某くろねこさんの搬入が遅れて、開場が20分ほど遅くなったり、自分のスペースの自分側と通路側を間違えて準備してて、ふー終わったと思ったら自分だけ方向がおかしかったときの、あの無常感といったら……お前は通路に尻向けてどうするんだと。慌ててぐるっと回転して、準備が一般入場に間に合ってよかったですー。
 そしてエアコンが、ちょうど風向き加減でここだけ北極でした……。がたがたがた。それにしてもコスプレイヤーさんのレベルの高さよ…みんなが釘付けになるレベルのひととかもいました。
 アンソロは、今日家に帰ってきてからやっと落ち着いて読んだのですが、にやけが止まりませんでした。やっぱり末期はいいわあああ。
posted by みなと at 21:07| Comment(0) | くうのふたひ。

2012年05月25日

交地ナンバー。

 こっちのブログに乗せるの忘れてましたね。はうっ。
 ナンバーは、あ27です。よろしくおねがいします!
posted by みなと at 20:56| Comment(0) | くうのふたひ。

2012年05月11日

契丹展。

 行って来ました、契丹展。こんなマニアックな博物展をやってくれるとは嬉しい限りです!!
 契丹といえば、北宋を圧迫した国として有名ですね。燕雲十六州の割譲とか。その起源は南北朝時代くらいまで遡ることができるみたいですねー。女真族の金に滅ぼされます。その金がモンゴルに滅ぼされて…という感じ。
 でも日本人には馴染みの薄い騎馬民族であることも確か。それだけに、これまで見てきた中国文物とはちょっと違うものが見れて楽しかったです。関西ではツタンカーメン展と被っちゃって、きんきら度が落ちているようにも見えるけど、こちらもかなりのものが出ているなあという感じです。
 面白かったのが朱雀や鳳凰などの表現。真正面を向いているものが意外とあるんです。これは面白かった。なんか雛みたいで。龍も中国の影響がありつつ、独自の表現が出来上がっていますね。あと、シリアやトルコなど、シルクロードの遺物も発掘されているのが、草原の広大さを感じさせますねー。
 三国志的には竹林の七賢を描いた容器があったことかなー。あと孝子の王祥。こんなところにまで影響が!!でも七賢は誰が誰かわからなかったー。
 こういうちょっと変わったものもどしどしやってほしいな。
posted by みなと at 21:17| Comment(0) | みるみる