2013年05月04日

がんだむとへんたいと。

 『超・大河原邦男展』と『変態仮面』見てきました。すごい組み合わせだな!

 『超・大河原邦男展』、ガンダム見たことはないのですが、メカデザインとか眺めるの好きで。質量共にすごかったです。しみじみ自分は完成された絵も好きだけど、設定画とかスケッチとか、鉛筆で描かれたものが好きなんだなあと思いました。たくさんの企画案に使用されたデザイン画や設定画があって見飽きない…!しかもそれらの絵はざくざくと描かれているんじゃなくて、ほんとそのまま着彩したら作品になるって言うくらいのもの。
 ポスター原画は基本ポスターカラーで塗られているんだけど、あの装甲感の重厚さがスゴイ。
 今回初めて音声解説の機械も借りてみたんですけど、目だけではなく耳からも入ってくるのですごく楽しいですね。ザクのデザインが如何に斬新なものかがちょっと分かった気がします。協議の上で練り上げるデザインと、デザイナーに大きく任されるものとが並存するから、商業作品として成り立つんだろうなーとか。
 メカデザインの仕事は最盛期に比べると減少してきており、またデザイン自体も使い捨てというか長く使われなくなっているというか、そういう危機感もあるそうですが…。なんとか存続して欲しいなあ。

 それから映画『変態仮面』も見に行ってきたー。
 こちらも漫画読んだことなかったのですが、もー面白かった!ここまで本気を見た映画はまじすごい!
 ……あ、タイトルから分かるように、下ネタ耐性ないとあれなんですけど。ぱんつで覆っているとはいえ男性局部が画面いっぱいに広がることが多々…でもあれはぜひ大画面で。笑。
 ヒロイン愛子ちゃんがめちゃめちゃ天然かわいい子でした…きらきらしてるよ…。
posted by みなと at 22:28| Comment(0) | みるみる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。