2012年11月27日

東京国立博物館。

 でかいですね。まじでかいわー。
 行ったとき、中国王朝の至宝展と出雲展がやっていたのですが、ひと多そうだったので、通常展示のみ見てきました。中国王朝は記憶が正しければ関西に来るしね!見たら図録買っちゃうから、荷物になるしここはスルーだね!!
 でも140周年ということで、ものすごく展示が充実してるー。お天気が悪くて、庭園すら開放されず、そして東洋館はまだオープンしてないにもかかわらず、法隆寺館と本館で一日が終わるとはどういうことだ…。
 条件付ながら、スケッチが可能なのでちまちま展示物を描いてました。下手の横好きですが、たのしい。
 通常展示でも、国宝とかぽーんと置かれているのでわりと挙動不審でした。つーか速水御舟の「京の舞妓」の現物が見れただけで感動のあまり他の展示内容があたまから飛んだ。うわーすげえええホントに畳のイグサを一本一本描いてるよ!すさまじいまでの写実へのこだわりです。もうこれ一枚でもおなかいっぱいだよー。
 あと根付コレクションが素敵ですね。てのひらで転がせるくらいの大きさに、滑稽や洒落を凝縮させている感じでとてもかわいい。ほしいー。関雲長と魯子敬がセットになっている根付もありました。なぜこのふたり。写真撮ってもいいみたいでした。でも図録…買っちゃった…。<ばか。
 あんまりに根をつめて周っていたせいか、次の日、ダウンしました…。ほんとばかだー。
posted by みなと at 23:17| Comment(0) | みるみる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。