2010年05月24日

ばるとほてほて。そのご。

 さて、ラトビアの国境を越え、次はエストニアです。エストニアには大小1500あまりの島があります。その中でも最大をほこるサーレマー島を目指します。

 その前に、三番目に大きいというムフ島で野外博物館へ。ここの昼食でワインをかっくらってかなり酔っぱらって観光してました……ダメ人間。

 ムフ島はちょっと荒涼とした感じですが、建築物の屋根は茅葺きとなんだか懐かしい感じ。博物館といっても、今も人々が暮らしています。島ということで漁が盛んなのですが、引退した船は家の周りを囲んでいる石垣の上に載せて、夏だったかな祭りの時に焼くとか。独特な文化があります。また、刺繍が盛んで花柄を中心とした模様がかわいいのー。



Photo






 さて、サーレマー島のクレッサーレという町に到着です。ここにも中世の騎士団が根拠とした城があります。戒律に反し、村の娘に恋したために投獄され、そのまま忘れられ、2世紀余り後、牢から白骨が発見されたという騎士の悲惨な話が残っています。

 夕方に見た城は、オレンジ色に光ってとてもきれいでした。こじんまりとした可愛い城でした。



Photo_2







 アングラ風車群は言っても3基しかないですが、風向きによって土台を回転できる優れものです。こんな大きいのに動かせるってすごいなあ。てこの原理で動かすみたいですね。現在修復中のものもあるらしく、土台だけのものに真新しい木が立てられていたりしました。群、といえるまでに増えたらいいね。



Photo_3
posted by みなと at 18:34| Comment(0) | てくてく・北欧篇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。