2009年05月12日

05:真白き花。

 落ちてくるのは季節はずれの名残雪。



 始まりには終わりがあり、終わりには始まりがある。

 誰も残らなかった。誰も。



 いつか、紅く染まった河も、荒野となった大地も、雨が洗い流し雪の下に埋もれ、春になれば新芽が芽吹き全てを緑が覆い隠していくのだろう。





 それすら、幻だった。

 真白を誰も知ることもなく、再び大地に砂塵が舞い上がり、帝の袖すら血に濡れる。





 真白を誰も知ることもなく。

 真白は忘れ去られた色となる。



 花だけがそれを覚えている。
posted by みなと at 08:34| Comment(0) | くうのふたひ。こばなし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。