2009年05月05日

GW特別公開。

京都で流行っています。<流行ちがう。



市街地ばかりだったので、今回はいっちょ高尾まで行ってみました。いえ、本当は目的の「伝頼朝像」というあの教科書に載っている絵が、虫干しで5日間公開されるということで、行ってきました。場所を知ったときに「高尾かよー遠いよーーーーー!」と絶叫。

さて、その「伝頼朝像」、実は足利直義ではないかという説がありますよね。むしろ目的はそちらです。脳内変換といいう便利機能が自分に備わっていることに感謝。いやあ、眼福でしたー。こう、印刷では見えない文様などがはっきりと見えますからね。虫干しなので、ガラスケースに入っていないのもまたおいしい。

この絵があるのは神護寺というところなのですが、峡谷に向かって厄払いにかわらけを投げる名所でもあります。ちなみにみなとは全然飛びませんでした……厄、払えたんだろうか………。



もともと、高尾は紅葉の名所なので、今の時期は比較的閑散としていますね。沿道のお店も半分くらいは閉まってました。ぶらぶら川沿いに歩いていると、山藤が満開できれいー。



お次は西明寺。鐘を鳴らしてきました。

それにしても、この辺りの川では、樹(もみじ)が生い茂っていて火災の恐れありということで、バーベキューなどが禁止されているようなのですが、いくつものグループがぎゃーぎゃーやっていたのはちょっと不愉快でした。



そして、高山寺。いやあ、杉木立がものすごく大きいです。なんというか閉じられているのに開かれているような開放感。ここには日本最古の茶園があって、そこだけ木立がないので、若芽がきらきら光ってきれいでした。茶園の隣に厠がなければよかったんですけどね…汗。

そして、運慶作と伝えられる仔犬も見てきました。毬みたいでかわいいいいい!寺院内の石水院というところにあります。しかも、ここ、ものすごくまったりと過ごせます。庭園がもみじの木で埋め尽くされているので、秋にはすごい人出なのでしょうね。建物自体、木の匂いがしてしばらくぼーっと過ごしていました。



それにしても、また虫干し情報を手に入れて、いろいろ見たいなあ。
posted by みなと at 16:34| Comment(0) | てくてく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。