2009年03月21日

最近読書をすると3分で落ちます。

みなとはカップラーメンか。




『中国文学における孤独感』 著:斯波六郎 岩波文庫

『随筆三国志』 著:花田清輝 講談社学芸文庫

『侯景の乱始末記』 著:吉川忠夫 中公新書

『困ったときの情報整理』 著:東谷暁 文春新書

『ネットvs.リアルの衝突』 著:佐々木俊尚 文春新書

『ブログ論壇の誕生』 著:佐々木俊尚 文春新書

『歴史学の名著30』 著:山内昌之 ちくま新書

『インテリジェンス人間論』 著:佐藤優 新潮社

『国家の謀略』 著:佐藤優 小学館




ずらずら。これらが身につけばいいのですが…。



このなかでいちばん面白かったのは、『侯景の乱始末記』でしょうか。混乱している中国南北朝時代をすっきりとまとめている本だと思います。

次点は『ブログ論壇の誕生』。とはいえ、主題そのものより、そのなかで取り上げられていた、「トリアージ」をめぐる論争が興味深かったです。

posted by みなと at 21:20| Comment(2) | ぱらぱら
この記事へのコメント
しばらく雲隠れをしておりましたりっとんです
お久しぶりです
みなとさんの読書タイトルは毎回おもしろそうなので参考になります
いつか読んでみたい本だけがたまっていきます
図書館行かないので自力買いがきついです
リニューアルおめでとうございますと今更ながら・・・すいません
Posted by りっとん at 2009年03月22日 23:30
お久しぶりです!
ジャンルばらばらですが参考になればうれしいですー。
ほんと自力買いしていると懐は涼しくなるし、部屋は狭くなるので大変ですよね。汗。私は単行本は文庫落ちを待ち、新書は現代系を図書館に頼っています…。中国系の本など、自分の専門!っと思い込んでいるものは買う、という感じです。
リニューアル、ありがとうございます。あとは中身が……汗。
Posted by みなと at 2009年03月23日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。