2007年03月24日

帰ってきました。

昨日帰国いたしました。
インフルエンザクラスの風邪っぴきというオプション付きで。
全然熱が下がんないよう。おそらく保菌は日本出国前だな、内科に直前に行ったしな。

現在マイパソが手元にないので弟のパソをハイジャック中です。おおう。

しばらくはこのブログで旅行記なるものをしてみんとするなり。(どうでもいい。)

行ってきたのはウズベキスタンとタジキスタンです。都市で言うなら、ヒバ→ブハラ→ペンジケント→サマルカンド→タシケント。

そもそもウズベキスタンってどこやねんと言われそうですね。
場所は中国新疆ウイグル自治区の隣、キルギスタンのさらに隣。それか、アフガニスタンの上にタジキスタンがあってその更に上にウズベキスタンがあります。ソ連崩壊と共に誕生した、だいたい15歳くらいの若い国です。

やばそうな国と思ったあなたは外務省ホームページへどぞ。
ウズベキスタンは長期滞在には多少危険があるかもですが、比較的治安はいいほうですよ。JICAの職員さんもふつーに歩き回ってますし。

そのへんについてはおいおい。

通貨は『スム』で、相場は1ドル≒1250スムです。観光客が出入りするようなところはドルも通用します。もちろん、じゃぱにーず円は通じません。

気候は砂漠性の気候のため冬は極寒夏沸騰らしいですが、この三月はあまり日本と変わりないです。

そんなかんじ。

posted by みなと at 17:29| Comment(0) | てくてく・中央アジア篇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。