2014年06月28日

せいんとせーや。

 『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』見てきました。
 別でサイト持っているんだからそちらで書けよという感じですがネタバレ隠せるブログがそちらのサイトではなくて…。
 ということで、続きからネタバレ感想。

-----

・実は最初CGの動き方に慣れなかった。すぐ慣れましたが。
・やっぱり黄金の戦いはこのくらいのスピード感がないと!いえー!
・射手座の追手が山羊座だけじゃなくて双子座も加わってる……と思ったら「俺に構わず撃て!」展開。
・アグレッシブ冒険家光政翁になってました。
・辰巳のあれはヅラでいつか吹っ飛ぶかと思っていましたがそんなことはなかった。それにしても聖闘士の攻撃をかわすドライビングテクニックとか辰巳がおろおろしているようで出来る男過ぎる。
・沙織さんが可憐系ということが衝撃でした……。
・ドッグタグを弾くとクロスボックスが現れて―のあたりもえる。聖衣のがしょんがしゃんという金属の重さ感がいい感じ!
・氷河はバイクなのか……16歳だそうです。なんと一輝以外はみな16歳。
・黄金の矢だけどちょっと違う……と思ったら、アテナの力を吸い取るものなのだそうで。
・ある程度聖闘士の力とか知っている状態の原作に比べたら、いきなり獅子座の力に晒されるとかそれはものすごい威圧感というか恐怖感だよなあ。
・聖衣のヘッドパーツにマスクが装備されているのがすごく好き。戦闘になるとかしゃかしゃと顔面を覆う感じとかいいねいいね!まさに鎧に隙がない感じでいいね!
・聖域の場所がギリシャじゃなかった……天空というか異次元?十二宮が天空の城的な。
・最初はやっぱり白羊宮からですね!牡羊座のクリスタルウォールのガラスタイルみたいな。眼鏡なんだけど、ひょっとしたらあれは眼鏡じゃなくて聖衣かもしれない、らしい。ここはさらりとアテナを認めて金牛宮……あれ、セブンセンシズの講義は?
・と思ったらそれは牡牛座の役目に。あの、牡羊座と牡牛座のやりとりを聞くと、獅子座は教皇の間に報告に行く前に、そこらじゅうであれは本物のアテナだった!って言い回っていた疑惑。井戸端会議好きな聖闘士かわいいじゃないか……。
・双児宮はさくっとスルーして、でた期待の蟹座。まさかのミュージカルホールと化していた極彩色ぅ。あれ左目怪我してる?腋毛とかボクサーパンツとか刺青とか髪の毛の飾りとかいろいろおっしゃれー。
・和菓子は安定の和菓子。ひとりだけ空気全く読む気ないね!そして肩に乗ってる水瓶が可動式か!なんだそれ!動くのか!やばい腹筋が死ぬ!正直蟹座よりネタ要員じゃなかろうか……。
・獅子座を止めるのがなんと乙女座でした……えっえっこの世界での乙女座って電波じゃないのか…!
・蠍座がおんなのこ。
・山羊座が超ラテン系。
・魚座が……魚座が完全にとばっちりの八つ当たりじゃねーか……しかし美しさに間違いがないという。
・双子座が悪一色。ものすごく投げやりな破壊神。神の力を得たかったというより、まず破壊ありきになったのが、教皇選抜で敗北した射手座への狂うような嫉妬からとかすげー昼ドラ。
・星矢ケンタウロスVS双子座ケルベロス。
・聖域大崩壊寸前。
・一貫して沙織さん視点の物語。沙織さんアテナになった後も、学校は通っているらしい。お誕生会で幕。
・いやあなかなか怒涛の展開でした。現代の聖闘士星矢ってこんな感じなんだな…ちょっとだけタイバニ星矢かなーとか思ったりしたけど。でもやっぱり戦闘のスピード感とか聖衣のがしゃんがしゃん感が(二度目)ほんと好き。十二宮突破はしなかったけれど。
posted by みなと at 23:27| Comment(0) | 映画感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。