2016年12月14日

チェルノブイリツアーに行ってみた。そのいち。

 今年の10月7日から一週間ほどウクライナに行ってきました。『東浩紀と行くチェルノブイリ産業遺産と歴史都市キエフをめぐる7日間』というツアーです。概要はこちらで。私自身はあまり深刻な理由もなく、ただ、映画『ストーカー』の世界観を体感したい、というぼんやりとした理由で参加しました。廃墟もえといった感覚はもう少し遡った体験があるのかもしれませんが、それはまたおいおい書くかも。
 ツアーはそれ自体だけではなく、開催前後にセミナーも東京であったりして、まあ、地方在住者には金銭面と時間面で参加のハードルは高めではあるのですが、とても面白い体験でした。そんなメモをちょろちょろ書いていこうかと思います。

 まずは続きからさらっとウクライナのご飯とかの話。
続きを読む
posted by みなと at 22:15| Comment(0) | ダークツーリズム

2016年08月22日

第1回三国志研究会

 覗かせていただきました。三国志ガーデンで開催されていた講義の延長という感じでしょうか。この研究会については、双方向性も視野に入れているみたいです。主催は龍谷大学の竹内真彦教授で、今回の発表もまず竹内先生から、吉川三国志を読み直してみる、というテーマです。
 学会もいろいろあるとかで、研究内容の細目化的なあれやそれ。……といったところから、竹内先生はやはり歴史学研究と文学研究というのは世界が違うな、とのこと。先生ご自身は文学研究の立場として、文学研究とは何か、という根本的な問いに立ち返る必要性を感じているとか。でも若い研究者とか特にそうだけど、論文書けとか雑務に追われて考えを突き詰められないんだよね、と。なので、文学研究は視点のセンスが問われるだけになりがち?といったような問題意識もあるとかなんとか。
 そんな感じでいつもどおりの雑メモです。
続きを読む
posted by みなと at 21:00| Comment(0) | 三国志関連の講演会

2016年03月15日

孫休の墓かも?

 ついったで流れてきたニュース。
 「サーチナ」というニュースサイトにて。アドレスがこちら→http://news.searchina.net/id/1604882?page=1#PfV8O1r.twitter_tweet_original_vertical

 つづきに記事内容ベタ貼り。

続きを読む
posted by みなと at 22:32| Comment(0) | ニュース系めも

2014年08月21日

機械生命体と大理寺と。

 この夏、初めて4DXを体験しました。見ている映画にあわせて座席が動いたり風を浴びたりするの。もう映画というよりアトラクションですねー。すごいなー。
 ということで見てきました『トランスフォーマー・ロストエイジ』。このシリーズ好きで毎回見に行っているんですが、とにかく爆破シーンが盛りだくさんでほんと4DXにぴったりな映画でしたー。フルコース全部肉盛りな感じ。……なんですがなんともお薦めしずらいのは、その長尺な上映時間と、次回作への伏線も張っているせいか、お話的に完結してるとは言い辛いところかな。でもなー、あの爆破シーンとか戦闘シーンはテレビで見るより映画館向きなんですよね。
 機械生命体に入れ込んでるので、そちらがかっこいいよーというのは散々叫んでますが、今回悪役(と言って良いのか…)な人間がすごくツボでして……国家のためと視野狭窄に陥ってる手段を選ばなさ過ぎて破綻してるキャラクターがぶっちゃけ二次元的に実に好み。

 あと楽しみにしていたディー判事の前日譚『ライズ・オブ・シードラゴン』も見てきました。チャイナワイヤーアクション最高!ふー!時代は唐代高宗……なんですが則天武后の存在感がやっぱりすげえ。主人公のディーに敵愾心ばりばり燃やす大理寺(警察みたいなものかな?)の同僚ユーチがえらくかわいい。
 派遣した水軍がなにものかによって全滅させられ、巷では竜王のしわざではないかと噂が流れ、真相を究明すべく動く大理寺みたいな展開なので、怪異とか否定する話なのかな?と思いきや。がんがん怪しげな話が真実に。でも理性がっちがちでない、そういうゆるさがすきー。山海経っぽい感じとかいいと思うなー!いえー!チャイナファンタジー最高でした。
posted by みなと at 22:13| Comment(0) | みるみる

2014年06月28日

せいんとせーや。

 『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』見てきました。
 別でサイト持っているんだからそちらで書けよという感じですがネタバレ隠せるブログがそちらのサイトではなくて…。
 ということで、続きからネタバレ感想。
続きを読む
posted by みなと at 23:27| Comment(0) | みるみる

2014年06月18日

ついっためもめも。

ついったーって脊髄反射でぽちぽち打ったりできるので止められません。
何日か前にぼそぼそ呟いていたのめもがてら。

-----

あんまり深く史実とか考えずに、王濬が大船団で長江を下って来た!「だがまだ手はある!」吾彦は川の底に鎖を沈めた!「くっくく若造が小癪な!」「な、なにい!」船団は物ともせず鎖を引きちぎった!みたいな気楽なの書いてみたい。(言うのはただ

吾彦「弓をもて!せめて一矢なりと!」って横切る船団に闇雲にはなった矢が王濬の頬をかすめるとかそういうお約束展開とか盛り込んだりとか。もえる。

王濬「フッ小童めが、やりよるな。しかし我が行く手を阻むことはできん、さらば…」って高笑いするのを聞きながら吾彦は我に返り歯を食いしばりながら後衛に伝令を走らせる、しかし、下る船の足に馬は追いつけないのだ…みたいな。

そういうオープニングもえるじゃないですか。一方その頃杜預は相変わらず馬に乗りあぐね、出立を今や遅しと待つ軍を目に溜息をついていたみたいな

「将軍、今や我が軍は意気盛ん、この時は益州を落とした時に勝るとも劣りませぬ、さ、号令を!」とかいってる空気読めない新人さんにどう復讐するかで悩み深まる杜預さんとか気の毒すぎる。輿を用意してあげてー!

杜預「ああ、益州戦か、あれは酷かった。こたびもあのような酷い目にはなるまいな…」直前まで、いや、まだ火は残っている状態をどうにか上が押さえ込んでいるほどに国論を二分したこの征戦の成否は誰にかかるのか。杜預は征戦の急先鋒ではなかったが、全軍の指揮を取らんとする賈充との

折り合いをどのように付ければ良いのか、未だ見定めることが叶わなかった。確かに益州戦は急先鋒二人の大将で危うく結果そのものが灰燼に帰するところだったが。かといって、その目を呉へ向けようともしなかったものが総大将ならいいと言うものではない。杜預は背後が気になって仕方がなかった。
posted by みなと at 20:28| Comment(0) | くうのふたひ。こばなし

2014年04月13日

『曹操暗殺』みてきた。

 『曹操暗殺』(原題:銅雀台)見てきましたー。
 最初の刺客訓練場面で、ふぁっこれは三国志なのか…?って思いましたがなかなか面白かったー。三国志というより曹操っていう感じ。とにかく曹操のかっこよさだけでもぐいぐいいけるかな。
 つづきからは覚え書き。ネタバレばりばりしているので未見の方は注意。
続きを読む
posted by みなと at 13:31| Comment(0) | みるみる

2014年01月02日

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 今年ものんびりブログ更新になりそうですが。せめて一度はサイト絵を…とは思っています…。思っては………。
 そうですね、あと吉川三国志をちゃんと読みたいなーとか。わりと飛ばし読みでちゃんと読んだことないかも…と。まだとろとろ読んでる宮城谷三国志のほうが先ですが。
posted by みなと at 20:21| Comment(0) | くうのふたひ。

2013年12月29日

『銅雀台』公開だー。

 前の記事でぼやいてた『銅雀台』ですが、日本でも公開が春に決定したそうで。
 ブログのコメント欄で教えていただきましたー。ありがとうございます!

 公開についての発表の記事がこれ。日本公開の公式ページとかはまだなさげ?
 邦題が『曹操暗殺 三国志外伝』と、また直球なタイトルですね。『関羽』のときみたいに、こまめにチェックしておかないと…たぶんミニシアター系なんだろうなーと。シネマートか…シネリーブルか…。TOHOシネマズとかでやってくれたら見に行くのに苦労しなくていいのになー。
 来年の楽しみですー。
posted by みなと at 22:52| Comment(0) | みるみる

2013年12月22日

今年見た映画。

 ずらずらっと並べてみる。今年はそんなに見ていないかな…と思っていたのですが、そうでもなかった。

『レ・ミゼラブル』
『ホビット 思いがけない冒険』
『塀の中のジュリアス・シーザー』
『アルゴ』
『ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い』
『ダイ・ハード ラスト・デイ』
『悪人に平穏なし』
『HK/変態仮面』
『天使突抜六丁目』
『太秦ヤコペッティ』
『パシフィック・リム』
『オーガストウォーズ』
『スタートレック イントゥ・ダークネス』
『世界一美しい本を作る男』
『Muse – Live at Rome Olympic Stadium, July 2013』
『2ガンズ』
『コールド・ウォー』
『トランスフォーマー ダークサイドムーン』
『清須会議』
『47RONIN』

 今年のベストはやっぱり『パシフィック・リム』かなあ。二回見に行きました。三回行くかはかなり悩んだけど…大画面で見る映画でした。そう言いつつBD買ったけど…。めずらしく吹き替えでばっかり見ていますねー。一度字幕も確認しなきゃと思いつつ、アクションとかに集中したくてつい。声優さんも豪華だし。
 次点は悩むところ。そうかー、『HK/変態仮面』って今年か。あれは良かった…。『悪人に平穏なし』は好みは分かれる映画だと思うけど、まったく説明じみたことを主人公が喋らないというのはよかったなー。
 『トランスフォーマー』は今年公開のものじゃないんだけど、IMAX祭で映画館でやってたのを見に行ったので一応。来年続編が公開だしねー。今度は何回見に行くことになるのだろう…。
 来年と言えば、『銅雀台』の公開は!まだなのか!それともチェック漏れしてもう終わっているとか…ないよね……。
posted by みなと at 17:38| Comment(2) | みるみる